陶芸のこと、日々のこと。  ー yukiko wada


by tutimani

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
陶芸のこと
日々のこと
お店のこと
展示会のこと
娘のこと
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

フォロー中のブログ

akane's croquis
c o n f e i t o
Rebuild-Mash...

最新のコメント

こちらこそ、いつもありが..
by tutimani at 22:04
鍵コメさま コメントあり..
by tutimani at 15:56
鍵コメさま 素敵なメッセ..
by tutimani at 05:17
sa…様 メール送らせて..
by tutimani at 22:40
鍵コメさま こんばんは、..
by tutimani at 22:13
鍵コメさま コメントあり..
by tutimani at 08:58
鍵コメさま メール送りま..
by tutimani at 06:17
宮**さま 大変お待たせ..
by tutimani at 11:10
こんにちは。 こちらもバ..
by tutimani at 10:43
由記子さん こんに..
by G+OO at 17:26

最新のトラックバック

最新の記事

個展のお知らせ。
at 2017-11-27 12:11
明日から
at 2017-09-29 20:07
個展のお知らせ
at 2017-09-15 19:42
書籍出版記念イベント
at 2017-09-03 13:25
SHG特別常設展
at 2017-08-13 07:51

ライフログ

検索

外部リンク

ブログパーツ

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸

その他のジャンル

画像一覧

沈壽官窯

日置市美山の陶郷へ。


午後に羽田へのフライトを控え
あまり時間がなかったので

今回は沈壽官窯のみ見学。

b0211598_1031461.jpg


とても広い敷地にゆったりと、 そして静謐に点在する工房、 登り窯、収蔵庫など。


b0211598_10314255.jpg



b0211598_103223.jpg



b0211598_103286.jpg



b0211598_10333330.jpg



b0211598_10474360.jpg



日本の窯元とは違う空気に
秀吉の頃、海の向こうからやってきた陶工たちの故郷への想いや自負心が
静かに、でも確実にそこにあるようでした。


400年以上受け継がれる伝統。

沈家伝世品収蔵庫で見た

柔らかな白い土肌。
気が遠くなるような精巧な透かし彫り。
生命感あふれる捻り物。

息を飲むような歴史と技術の積み重ね。

それらの積み重ねの上にあって、“今の自分・時代”を焼こうとしている
15代当主の作品にも魅せられました。




実家の食器棚にもあって、近くに存在していたのに
深く意識しなかった“薩摩焼”。

歳を重ね、少し視野が広がったのか、
改めて知りたいと思い、帰省中のスケジュールに無理矢理組み込んだけど
行ってよかったな。

次回は陶器市の季節に、美山全体をゆっくり散策してみたいなあ。


美しい上絵の白もんも欲しかったけど
次回の愉しみに。

今回はあえての黒もん。


b0211598_1052398.jpg



b0211598_10552434.jpg



b0211598_10554318.jpg



我ながらしぶいセレクト。



民衆のための器である黒焼は
削ぎ落とされた美しさがあって

益子の器にも少し通じるものがあるように思えます。
[PR]
by tutimani | 2013-08-25 11:01 | 陶芸のこと | Comments(0)